2013/04/04

アベノミクスか何か知らんが

先頃、亡父が夢枕()で言っていたことが気になっていた。
「おとうちゃん、山善のカブはエエなぁと、前から思てたんや」…

生前、「Silk100%」とタグのついた、ポリエステルのネクタイを掴まされるような父ではあった()が、明け方目覚めて、慌ててネットを立ち上げて、山善の株がどうなっているのか、チャートを確認してみた。

なるほど。もしも父が生前、山善の株を買っていたなら、現在なかなかステキなことになっていただろうと思われる。
グラフをこの数年で見てみると、一年ごとに一段づつ階段を上がるような調子ではあるが、特段、ハデな動きはなく、100株買って売っても、うまくいけば一万円ほど儲かるか、損するか、といった地味な銘柄だな、という印象。

なぜ父は、わざわざ夢枕で山善の株の話をするのか。いや、もしや私の記憶違いで、山善ではなく、ヤマタネだったか…。
しかしまぁ、せっかくだから、ちょっと山善買ってみるか、と買ってみた。
生前、実家に帰省する度、「交通費に」と、私にこそっと、いくばくかの小遣いを握らせてくれていた父である。その様子を、ダンナが後から、「お前はお嬢さまだから」と、毎度卑屈っぽく言ったものだ。

ひょっとすると父は、せっかくだから、私にまたちょっと小遣いをやりたい、という気持ちでそう言ってくれたのかもしれない。
小遣いになるかどうかはわからないが、そんなわけで、山善には頑張っていただきたい次第。

0 件のコメント:

コメントを投稿